1. おすすめ予備校紹介
  2. 最短距離の合格術

合格者の学習スタイルを知ろう

医学部に合格した先輩たちの学習スタイルを知ろう!

Q.どのような高校に通っていたのか?

私立の中高一貫校からの医学部合格者が多く、医学部受験が小学生の頃から始まっているようだ。
中学生のうちからハイレベルな学校に通わせることによって、良きライバルたちと切磋琢磨し、基礎学力を磨いておけば、医学部合格への近道となる。
また、医学部に合格するためには、合格者を多く輩出している私立の中高一貫校への入学が必要だと考える保護者も多い。
小学生の時に医者を目指すことを決めていなくても、保護者自身が医者であったり、学歴が高かったりする場合は、中高一貫校に進学させ、早いうちからハイレベルな教育を受けさせる傾向がある。

Q.利用した予備校・塾はどこ?

独学での医学部合格は難しいため、ほとんどの人が医学部受験に強い予備校や塾、家庭教師を利用していた。
3大予備校を利用していた人が多く、特に駿台予備学校が群を抜いているようだ。 ハイレベルな予備校や塾の授業についていける人は多くない。それらの補修に家庭教師を併用して医学部合格を果たした人もいる。
医学部受験に強く、プロの家庭教師が多数在籍している家庭教師業者も増えてきていて、今後さらに需要が増えていきそうだ。
また、有名予備校が近くにない地方でも、遠くまで通ったり、寮に入ったりせずに、マンツーマンのサポートが受けられることから医学部受験を専門とした家庭教師の需要も増えている。

Q.1日の勉強時間はどのくらい?

勉強時間は高校2年生の秋ごろから増加し、追い込みが始まる高校3年生の秋には1日7時間以上勉強していた人が多かったようだ。
徐々に高校の授業が減り、受験勉強に集中できる時期とはいえ、7時間も勉強時間を確保するのは大変だ。まさに寝る間を惜しんで勉強をしたのだろう。
人気のある大学では、倍率が非常に高く、それゆえ試験も非常に難しい。誰もが努力をしている中で、合否を分ける1点を確実に取るため、毎日必死に勉強していたようだ。

参考文献:週刊朝日MOOK 医学部に入る2011

人気の予備校&家庭教師からおすすめを紹介

予備校・家庭教師エリアから検索

お住まいのエリアを選択してください 北海道 東北 関東 甲信越 東海 北陸 近畿 四国 中国 九州 沖縄
都道府県を選択してください
北海道
都道府県を選択してください
青森 |  岩手 |  宮城 |  秋田 |  山形 |  福島 
都道府県を選択してください
茨城 |  栃木 |  群馬 |  埼玉 |  千葉 |  東京 |  神奈川
都道府県を選択してください
新潟 |  山梨 |  長野 
都道府県を選択してください
岐阜 |  静岡 |  愛知 |  三重 
都道府県を選択してください
富山 |  石川 |  福井
都道府県を選択してください
滋賀 |  京都 |  大阪 |  兵庫 |  奈良 |  和歌山
都道府県を選択してください
鳥取 |  島根 |  岡山 |  広島 |  山口
都道府県を選択してください
  徳島 |  香川 |  愛媛 |  高知
都道府県を選択してください
福岡 |  佐賀 |  長崎 |  熊本 |  大分 |  宮崎 |  鹿児島
都道府県を選択してください
沖縄

あきらめていませんか?地方の医学部受験対策[地方の大学受験体験談]

父が開業医で継ぎたいと思っていました。
ただ秋田には良い予備校もなく・・・

秋田県在住
高校3年生 Sさんの体験談

続きを読む

ページTop